汗の気化熱を促す

作業着

夏の時季の屋外作業では、暑さによって熱中症や集中力低下による怪我や事故などのリスクが伴います。そのため、暑さ予防をしっかりとする必要があるものの、水分摂取などでは限界があるものです。そこで注目されているのが空調服ファンで、これは作業着に空調ファンを取り付けたものです。屋外作業中で、外の空気を服のなかに取り込むことによって涼しく作業をすることができます。そこで多くの人々が疑問に感じるのは「暑い外の空気を取り込んでも暑いのではないか」というものです。体の体温の調節機能に発汗作用がありますが、汗が蒸発する気化熱を利用して涼しさを得ます。でも、体周辺の空気の流れが悪ければ汗の蒸発が上手くいかず熱がこもってしまうのです。空調服ファンは暑い日であっても、体の周囲に風を通すことによって汗が蒸発しやすい状況を作り出すことで涼しさを得られる仕組みとなっています。

バッテリーで選ぶ

男性作業員

空調服ファンの選び方として、まず一番に注目するべきはバッテリーの持続時間でしょう。多くの人々は長時間の屋外作業のために購入したいと考えていますが、バッテリーの持続時間が短いと途中から使い物になりません。特に、屋外作業中にバッテリー切れを起こしてしまったら、空調服ファンは重くて暑い服でしかなくなってしまい、当然暑さ対策の役にも立ちません。そのため、仕事環境と考慮しながらどのようなバッテリーのものを選択するか考慮する必要があるわけです。もしも、近くに充電できる環境で働いている人なら充電しながらファンを起動させて作業することもできるため、充電しながら稼働できるタイプを選ぶと良いでしょう。このタイプは電源からコードを差し込んだまま作業することもあるため、動き回る作業をする人にはあまり不向きだと言えるでしょう。一方、充電できない環境であるならば、長時間持続可能のバッテリーのある空調服ファンを選ぶようにするのが一般的です。ただし、長時間可能のものは効果ですし、重量が重くなるケースも少なくなく、作業の妨げになりかねません。そのため、最近では短時間のバッテリーでも簡単に取り外しができるタイプの空調ファンも登場しています。こちらは、予備のバッテリーを常にそばに置いておけば、いざバッテリー切れになったとき取り替えるだけでいいので非常に利便性が高いです。このバッテリー取り換えタイプが少しずつですが主流になりつつあります。

広告募集中