HOME>注目記事>いろんなタイプの作業服とそれぞれの相場について

空調付きが人気急上昇

男性作業員

作業着を着衣する目的は、作業中の打ち身や切り傷・火傷などから身を守るための防護服です。さらにはポケットが多い作業服が主流で、作業に使う道具などをそこに収納しやすくできるようになっています。名前のとおり、作業をするための衣類というわけです。その作業着も日々進化しており、最近では真夏の屋外作業などでも快適に仕事ができるように、空調ファン付きのものも登場しています。空気を取り入れることができるので、熱中症対策になるため、長期間の屋外作業にも耐えられるようになるでしょう。このように作業着を購入するときには、作業するときの環境に合わせて選ぶのが良いでしょう。

タイプによって異なる相場

作業着

その作業着は様々なタイプがあるため、価格相場もそのタイプによって異なってきます。まず一般的に使われるブルゾン(ジャンパー)タイプの作業着は安いもので2000円前後から、土木や農作業で多用されるつなぎ服は安いもので4000円前後、使い捨てタイプもありそちらは1つ500円前後となっています。そして、最近購入者が増加している空調ファン付き作業着は安くて1万円前後と他と比べて相場が高いですが、その分夏場の作業が快適になるため人気です。

工夫すればもっと安くなる

作業員ジャケット

ただ、あくまで相場でありショップによってはもっと安いケースもあります。最近ではインターネットサイトで、各ショップの作業着の価格を比較できるところもあるため、活用してみると良いかもしれません。また経営者などはスタッフのためにまとめ買いすることも多く、大量購入することで一着あたりの価格を安くしてくれることも少なくありません。上手に買い物できれば、安全に作業できる作業着を安く入手することも十分に可能です。

広告募集中