HOME>ホットトピックス>風で汗を乾かして体温を下げる理論を応用した制服

快適な作業現場を提供

会社に勤務する時、私服で仕事を行う会社もあれば、制服が提供されている会社もあります。また、仕事内容によっては適切な制服を着用する業種も存在します。空調服も制服の一つで、これは暑い季節や気温が高い現場での作業を行う時に使用されるものです。服に風を送るファンが付いているのが特徴で、着ている人の体温の上昇を抑える働きをするため快適に作業を進めることができます。機械で風を送り、その風によって汗が蒸発して体温が下げられるので熱中症対策にも用いることが可能、仕事現場だけではなくレジャーなどでも活躍する制服でもあります。

バッテリーをチェックしよう

また、空調服はファンが付いているにもかかわらず軽い着心地で、作業の邪魔にもならない制服です。さらに、余計な汗をかく必要が無いので、仕事終わりの疲労感は空調服を着ると着ないのとでは大きな差が生じます。ですが、空調服はバッテリーを使用してファンを動かすため、充電が切れてしまうと風を送る装置も働きません。ですので、一日の作業時間中しっかりと機能を働かすには十分に充電をしておく必要があります。また、フルに充電ができていれば、風の強弱の使い分けをしながら作業をすることも可能です。

広告募集中